神待ちサイトで感じた違和感。
女の子の側が余裕と言うか、男を少し見下している感覚は世間的に事実だったみたい。
こういう神待ちサイトの利用者の女の子の間で、最近、神だった男性の事を「泊め男」と言うらしい。

 

出会い系サイトの一種になっちゃった神待ちサイトは、サクラメインの悪質系サイトか、家出少女から成り代わった援助希望の女性会員が集まるサイトの2種類になっちゃってる現状が有る。
(もしくは半々が居る感じ)
そうなって来ると、男への有り難味がグッと低下しちゃってしまってる。
本来家出をして頼るアテも無い女の子にとって、色々と助けてくれる男は「神」だったんだけど、自分の生活基盤を持っている援助希望の女の子が、贅沢や、男遊びに利用するための男は、単なる「泊め男」と言う訳なんだよな。
当然、女の子に余裕が有るという事は、条件交渉の時に容易に体を許したりしない。
体を許さなくても自分自身がそんなに困らないんだから。
おまけに援助の内容も、高級なホテルで泊めて欲しいと言ったり、高級なレストランでの食事を要求されたり、とホント良い事無いのにコストばっかりが高くなっちゃった感じがする。

 

神待ちサイトって異性紹介事業じゃないのは、自己矛盾を起こさないためなんだろうな、って思う。
だって、異性紹介事業だったら、18歳以上で有る事を担保しないといけないんだけど神待ちをするような子は、自分で稼ぐ術を持っていない、18歳未満の子がメイン。
だから異性紹介事業とすることで神待ちサイトのリアリティが一気に低下するって事。
でも、その矛盾のツケは利用者の男の側に帰ってくる。
18歳未満との出会いは神待ちサイト側では自己責任で処理されて責任を回避するんだけど、男の側はエッチな事をしてしまうと、女の子が年齢詐称しちゃってれば意図しないで犯罪者になってしまう可能性が出てしまうんだからね。

 

神待ちするならおすすめは?
神待ちサイト一覧